ショパン: ワルツ 第4番 ヘ長調 作品34-3

ピアノ: 小林 愛実 Aimi Kobayashi

 

華麗なる円舞曲 作品34は、フレデリック・ショパンのピアノ独奏曲集で、3曲からなるワルツ集である。
ショパン初期の作品であり、華麗で演奏効果も高い。第1、2曲は1831年に、第3曲は1838年に作曲された。いずれも4分の3拍子である。

作品34-3 Vivace、ヘ長調。通称は「猫のワルツ」。
属七の和音を繰り返し序奏が始まる。第11回ショパン国際ピアノコンクールにおけるスタニスラフ・ブーニンによる高速演奏は取り分け名高く、普通は曲目の間では拍手はしないコンクールであるにもかかわらず、演奏が終わるや感激のあまり聴衆が拍手をはじめてしまうほどであった。日本においてはその様子をNHK(日本放送協会)が特集番組で放送したことがきっかけとなり、有名になった。

華麗なる円舞曲 (ショパン)

inserted by FC2 system