ショパン:ワルツ 第10番 ロ短調 作品69-2 (遺作)

ピアノ: エフゲニー・キーシン Evgeny Kissin

  

ワルツ第10番ロ短調作品69-2は、フレデリック・ショパンが1829年に作曲されたワルツである。
死後の1852年に友人のユリアン・フォンタナにより出版された。
構成的な完成はないが、旋律の美しさが特徴的である。第9番「別れのワルツ」と同様に、感傷的にすぎることから生前の発表が控えられたとされている。

ショパン:ワルツ 第10番

inserted by FC2 system