ショパン: ノクターン(夜想曲)第7番 嬰ハ短調 作品27-1

ピアノ: 小林 愛実 Aimi Kobayashi

 

フレデリック・ショパンの夜想曲第7番嬰ハ短調作品27-1は1835年作曲。翌年次作と対にして出版された。
三部形式。4分の4拍子。トリオは4分の3拍子。いずれも三連符を基本にしている。
Allegretto
主題部では低音の幅広い音域で中空5度の重苦しい伴奏。右手は簡単な半音ずつの進行。時に途切れて左手伴奏だけが残る。
Piu mosso
ジェームズ・ハネカーによるとベートーヴェン風の劇的な展開。低音の半音トレモロの上に力強い主和音がオクターヴ奏法で現れる。一定の盛り上がりの解決は平行調ホ長調。変イ長調に転調して、五度のトレモロの後はオクターヴのレチタティーヴォ。
再び主題が繰り返され、嬰ハ長調に転調しピカルディの三度を使って終わる。

ショパン:夜想曲 第7番 作品27-1

inserted by FC2 system