ショパン:ノクターン(夜想曲) 第18番 ホ長調 作品62-2

ピアノ: 辻井 伸行 Nobuyuki Tsujii

 

フレデリック・ショパンの夜想曲第18番ホ長調作品62-2は1845年作曲。翌1846年に出版された。第17番と共に、生前最後に出版された夜想曲である。
R・ドゥ・ケンネリッツ嬢に献呈。モーリッツ・カラソフスキはこの曲を「洗練された和声、甘美な旋律と夢に満ちている」と評した。

三部形式の変形。ホ長調。4分の4拍子。
Lento
はじめに簡素で美しい旋律がゆったりと歌われた後、左手の息の長い伴奏を伴った間奏に入る。
agitato
対して中間部では16分音符を主体とした激しく情熱的な楽句に移る。シンコペーションが揺り動く感じを出している。
再現部では、極めて短縮された主題が現れた後、間奏が再現され、コーダが続く。ここでも左手だけを動かすなど、創意が認められる。

ショパン:夜想曲 第18番 作品62-2

inserted by FC2 system