ショパン:ノクターン(夜想曲) 第17番 ロ長調 作品62-1

ピアノ: ラファウ・ブレハッチ Rafal Blechacz

 

フレデリック・ショパンの夜想曲第17番ロ長調作品62-1は1846年作曲・出版。R・ドゥ・ケンネリッツ嬢に献呈。第18番と合わせ、この作品62はショパンが生前に発表した最後の夜想曲となった。

Andante 三部形式であるが、自由な再現部になっている。
序奏は下属調ホ長調の減七の和音。スパン(最低音と最高音の差)が大きくアルペジョになっている。主題は下降進行の落ち着いたもので、後年のフォーレの作品にも影響を与えている。平行短調に移りながら休止をはさんで主調に戻り、舟歌のように安楽な感じを与えている。
中間部では変イ長調のシンコペーション。両声部がのびのびと流れる。
再現部では Poco piu lento の速度指定で、主題の右手声部全てにトリルをつけている。流麗なパッセージでクロマティックをつけるなど、作者晩年の作に共通する語法が認められる。コーダはシンコペーションの上に、独自のハーモニーからなる旋律が登場し、穏やかに終わる。
落ち着いた曲であるが、その反面華やかさを求める演奏会ではほとんど取り上げられない。

ショパン:夜想曲 第15番 作品55-1

inserted by FC2 system