ショパン:ノクターン(夜想曲) 第16番 変ホ長調 作品55-2

ピアノ: イーヴォ・ポゴレリチ Ivo Pogorelich

 

フレデリック・ショパンの夜想曲第16番変ホ長調作品55-2は1843年作曲。翌年出版された。献呈先は弟子のジェーン・ウィルヘルミナ・スターリング嬢。

ロンド形式に近いが非常に自由な展開。8分の12拍子。Andante sostenuto
冒頭は変ロ音-トリルのついたニ音の単旋律。左手は音域の広いショパン特有の伴奏。展開部も再現部もなくまた転調もあまりに頻繁で、主調に回帰する繰り返しがロンド形式に近いというだけである。
このため単純な繰り返しにならないように五連符を導入したり右手の重音トリルを組み合わせている。また最後はフォルテッシモで終わらせ、意表をついている。

ショパン:夜想曲 第15番 作品55-1

inserted by FC2 system