ショパン:ノクターン(夜想曲) 第14番 嬰ヘ短調 作品48-2

ピアノ: ディナーラ・クリントン Dinara Klinton

 

フレデリック・ショパンの夜想曲第14番 嬰ヘ短調 作品48-2は1841年作曲。翌1842年に出版された。同時に出版された作品48-1に比べ抒情的な作品である。

三部形式。嬰ヘ短調。4分の4拍子。中間部は4分の3拍子。Andantino
主部は短い前奏ののち、バラード風の主題が2度繰り返される。右手は旋律を歌い、左手は3連符を含む伴奏を行う。
Molto piu lento
中間部は4分の3拍子となり、1、2拍目にフォルテの和音、それに単旋律が応答するというラプソディックな楽句となっている。
再現部では主題が大幅に短縮、変形されて奏される。
その後嬰ヘ長調のコーダが続く。最後は連続するトリルの旋律から上行し、消え入るように終わる。
中間部冒頭の強音による2つの4分音符と16分音符の5連音の対照が、威圧する暴君と憐れみを乞う臣下との対話に例えられるという考え方があるが、これにこだわらずに演奏する人もいる。

ショパン:夜想曲 第13番 作品48-1

inserted by FC2 system