ショパン:マズルカ 第40番 ヘ短調 作品63-2

ピアノ演奏: ワジム・チャイモビチ Vadim Chaimovich

 

フレデリック・ショパンのマズルカはポーランド周辺各地方の民俗舞踊を昇華して作曲された50曲以上の作品群。付点リズム・強調拍・三連符という元来の特徴をもちながら、マジャール音階・教会旋法など作曲者の斬新な取り組みが随所に確認できる。
ワルツと異なり形式的に洗練されていないが、転調を繰り返すなど和声進行も実験的であり、作曲語法を知る上で不可欠の作品である。

第40番 作品63-2 ヘ短調 Lento
さびしく歌うようなマズルカ。半音階を巧みに入れた下降音階が寂寞とした演出をしている。中間部は変イ長調。左手の和声が単調を避けるアクセントになっている。

Wikipedia

inserted by FC2 system