ショパン:エチュード 作品10-12 「革命」

ピアノ演奏: 辻井 伸行 Nobuyuki Tsujii

 

フレデリック・ショパンの練習曲ハ短調作品10-12(仏: Etude op.10 no12 英: Etude Op.10,No.12)は『革命のエチュード』として知られるピアノ独奏のための作品。1831年頃に書かれた。最初の練習曲集(作品10)の12番目として出版され、友人フランツ・リストに献呈された。

この練習曲は11月蜂起における1831年のロシアによるワルシャワ侵攻にほぼ同くして公表された。ショパンは肉体的もろさのため暴動に参加することはできず、その怒りの感情を代わりにそのとき作曲した多くの作品にぶつけている。その中で最も注目に値するのが、この革命のエチュードである。失敗に終わったポーランドのロシアに対する革命が終結したとき、ショパンは「これは私に多くの痛みを残した。それを分かっていたのかもしれない!」と泣いた。

練習曲作品10-12 (ショパン)

inserted by FC2 system