ショパン:バラード No.1

ピアノ演奏:クリスティアン・ツィマーマン Krystian Zimerman

フレデリック・ショパンのバラード第1番ト短調作品23は、ショパンが作曲した最初のバラード(譚詩曲)で作曲家初期の代表作である。パリ滞在中の1831年から1835年に作曲、1836年に出版された。献呈者はシュトックハウゼン男爵。
シューマンはこの曲を「ショパンの曲で最も好きだ」と語っている。また「この曲は大変優れている。しかし、彼の作品の中では最も天才的・独創的なものというわけでもない」とも評している。後にショパンはシューマンに第2番を献呈したが、シューマンは第1番ほどには第2番を評価しなかった。なお、ショパンのバラードは作曲家の祖国であるポーランドの詩人、アダム・ミツキェヴィチの愛国的な詩に啓発されたといわれることもあるが、標題音楽のように詩と曲との関連を明確に見いだせる箇所は存在しない。
 
バラード第1番 (ショパン) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

inserted by FC2 system