イタリア映画「鉄道員」から主題曲

監督・主演:ピエトロ・ジェルミ Pietro Germi
音楽:カルロ・ルスティケリ Carlo Rustichelli

カルロ・ルスティケッリ (Carlo Rustichelli, 1916年12月24日 -2004年11月13日) は、イタリアの映画音楽作曲家。
1940年代から50年間にわたって250本以上の作品を手がけたイタリアを代表する映画音楽作曲家の一人である。
モデナ県カルピ生まれのルスティケッリは、ボローニャとローマの音楽学校でピアノと作曲を学んだ後、オペラや劇場音楽の作曲家として仕事を始めた。劇場の指揮者をつとめたこともある。1939年に初めて映画音楽を手がけるが、最初は映画音楽を専門にしようとは考えていなかった。
『無法者の掟』(1949年) や『越境者』(1950年) で協働した監督のピエトロ・ジェルミの強いすすめで本格的に映画音楽の道に進むことになる。ジェルミとはその後も一緒に仕事を続け『鉄道員』(1956年)、『わらの男』(1958年)、『刑事』(1959年)、『イタリア式離婚狂想曲』(1962年)、『誘惑されて棄てられて』(1963年)、『アルフレード アルフレード』(1972年) などの作品がある。

音楽の森 イタリア映画 鉄道員

inserted by FC2 system