シンドラーのリスト Schindler's List 主題曲(ルカ・スーリッチによるチェロ独奏編曲版)

音楽:ジョン・ウィリアムズ John Williams
チェロ独奏:ルカ・スーリッチ Luka Sulic
ザグレブ・ソロイスツ合奏団 Zagreb Soloists

 

『シンドラーのリスト』(英: Schindler's List)は、スティーヴン・スピルバーグ監督による1993年のアメリカ映画。日本での公開は1994年2月。配給はUIP。
第二次世界大戦時にナチスドイツによるユダヤ人の組織的大量虐殺(ホロコースト)が東欧のドイツ占領地で進む中、ドイツ人実業家オスカー・シンドラーが1100人以上ものポーランド系ユダヤ人を自身が経営する軍需工場に必要な生産力だという名目で絶滅収容所送りを阻止し、その命を救った実話を描く。ホロコーストに関する映画の代表的作品として知られる。

音楽担当のジョン・ウィリアムズは、フィルムを観て自分には荷が重すぎると感じ、スピルバーグに「この作品には自分よりもっと適任の作曲者がいると思う」と進言したが「知ってますよ、でもその人たちはみんなすでに故人なんです」と返された。 彼はこの作品でアカデミー作曲賞、英国アカデミー賞 作曲賞を受賞した。
メインテーマなどの主要なヴァイオリンソロは、ユダヤ人であり、20世紀における最も偉大なヴァイオリニストの一人と評価されるイツァーク・パールマンが演奏した。
序盤、シンドラーが身支度をするシーンと、妻・エミーリェと会食するシーンで「自殺の聖歌」と称される暗い日曜日が流れる。序盤のものはヴァイオリンをベースに哀愁ただようメロディとなっている。中盤のものはソロヴォーカル付き。いずれも原曲のように陰鬱な雰囲気はない。 前年の『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』に続いてカルロス・ガルデル作曲のタンゴ「ポル・ウナ・カベーサ」が流れる。翌年公開の『トゥルーライズ』でも使われている。

inserted by FC2 system