アメリカ映画 「ファンタジア」からバッハ作曲:トッカータとフーガ Toccata and Fugue

制作:ウオルト・ディズニー Walt Disney
指揮:レオポルド・ストコフスキー Leopold Stokowski

 

『ファンタジア』(原題: Fantasia)は、1940年のアメリカ映画。アニメーション映画。ディズニー製作、監督:ベン・シャープスティーン(1895年 - 1980年)。1940年11月13日封切。カラー作品であり、又、世界初のステレオ音声作品である。日本での公開は戦後の1955年9月23日であった。

1:「トッカータとフーガ ニ短調」(9:22) - J.S.バッハ
標題音楽ではないこの曲を起用した経緯については、ウォルトが「抽象的な音楽もやってみよう」と提案したことによる。そのため、抽象画の映画を作り、当時アメリカに移住していたオスカー・フィッシンガーの意見を取り入れつつ製作された。

音楽の森 ファンタジアからトッカータとフーガ

inserted by FC2 system