映画 ファンタジア から 第3曲 デュカス作曲:魔法使いの弟子

製作:ウオルト・ディズニー
指揮:レオポルド・ストコフスキー

 

交響的スケルツォ『魔法使いの弟子』(フランス語:L'apprenti sorcier, scherzo symphonique)は、フランスの作曲家ポール・デュカスが1897年に作曲した管弦楽曲である。日本においては通例「交響詩『魔法使いの弟子』」と表記される。
1940年にウォルト・ディズニーのアニメ映画「ファンタジア」に転用され、ミッキーマウスが「魔法使いの弟子」役を「演技」したことにより、いっそう有名になった。
ただしこのディズニー映画の音楽監督の1人は、レオポルド・ストコフスキーであり、この音源に使用されている演奏も、ストコフスキー編曲といっても差し支えないほど彼の手によって楽曲構成やオーケストレーションに変更が加えられている。したがってこの映画で聴けるのは、原曲そのものではないということに注意しなければならない(その他のストコフスキーの編曲とは、やや意味合いが異なるので、その点にも注意が必要である)。

音楽の森 ファンタジア:魔法使いの弟子

inserted by FC2 system