難破船

作曲・作詞:加藤登紀子
歌: 加藤 登紀子

 

「難破船」(なんぱせん)は、日本のシンガーソングライター加藤登紀子の楽曲。この楽曲は彼女のスタジオ・アルバム『最後のダンスパーティ』 (LP: 28MX-1196, CD: H33P-20002)の収録曲として、1984年12月1日にポリドールより発表された。1987年9月30日には、日本の歌手中森明菜がこの楽曲をカバーし、彼女の19枚目のシングルとしてワーナー・パイオニアより発売された (EP: L-1755)。

「難破船」は、加藤が作詞と作曲を手掛け、加藤自身が歌唱した楽曲で、ムーンライダーズの白井良明が編曲を担当し、さらに同メンバーの武川雅寛によりストリングス・アレンジが施された。この楽曲は、アレンジを手掛けた白井プロデュースによるスタジオ・アルバム『最後のダンスパーティ』の収録曲として発表された。「難破船」を含むこのアルバムのレコーディングは1984年秋に行われ、同年12月1日にポリドールより、LP (28MX-1196)とCD (H33P-20002)の2形態でこのアルバムは発売された。加藤のこの楽曲は自身の複数のアルバムに収録された。その後加藤は中森明菜にこの楽曲を提供、1987年9月30日に中森のシングルとしてリリースされた。
1991年11月には『TOKIKO SONGS』の収録曲として「難破船」を新録音し、2001年11月には『MY BEST ALBUM Tokiko Today』にてこの楽曲を新たにセルフカバーした。2010年4月21日には、スペシャル・アルバム『iTunes Originals: 加藤登紀子』をiTunes限定でリリースし、加藤が中森に楽曲提供した「難破船」についてのインタビューも収められた。

難破船

inserted by FC2 system