フォークソング「この広い野原いっぱい 」

作詞: 小薗江圭子、作曲: 森山 良子
歌: 森山 良子

 

「この広い野原いっぱい」とは、1967年(昭和42年)1月2日にリリースされた日本のフォークソングである。
内容は、見渡す限りの大自然を、すべて捧げるかわりに、あなたからの手紙が欲しいと願う内容となっている。

作曲者の森山は、学生時代に、ラジオ番組で出演していた頃に、この作品がオンエアされ、話題となった。 複数のレコード会社よりデビューの依頼がきたものの、幼い時からジャズシンガーになる希望があった森山は、フォークソングでのデビューに難色を示して断った。しかし、フィリップス・レコードからの必死の説得で了解した。1967年の1月2日にこの歌がリリースされると、案の定ヒットソングとなり、その後「禁じられた恋」、「さとうきび畑」、「涙そうそう」などジャズ以外の分野でばかりヒットソングに恵まれてしまう結果となった。 その皮切りとなった曲がこの曲だったとされている。

この曲は、小学校の音楽の教科書にも採用され、1974年にNHK番組の『みんなのうた』でも採用されて全国的に放送されている。
『みんなのうた』で紹介されたのは1974年4月・5月で、編曲は前田憲男、歌は森山自身が歌った。映像は実写で、城ヶ島でロケーションが行われた。
1970年代後期の『特集 みんなのうた』では再放送されたが、通常番組では再放送されなかった。だが2011年からの「みんなのうた発掘プロジェクト」で映像が発見され、2012年3月16日深夜(3月17日未明)放送の『みんなのうた発掘スペシャル』内で、38年弱ぶりの再放送となった。

inserted by FC2 system