ドイツ歌謡「リリー マルレーン」 "Lili Marlene"

歌:マレーネ・ディートリッヒ Marlene Dietrich

 

リリー・マルレーンは、アンデルセンの歌の700枚の初版レコードの一枚が、放送で繰り返しかけられ、人気を得た。第二次世界大戦下の一時期、21時57分にベオグラードのドイツ軍放送局から流れるこの歌に、多くのドイツ兵が、戦場で耳を傾け故郷を懐かしみ、涙を流したといわれている。また、ドイツ兵のみならずイギリス兵の間にも流行したため、北アフリカ戦線のイギリス軍司令部は同放送を聞くことを禁じた。アンデルセンも、慰問で人気者になったが、長くはつづかなかった。1942年夏、アンデルセンの親しい関係にあったロルフ・リーバーマンがユダヤ人であったことが当局に知られ、アンデルセンの歌手活動が禁止され、アンデルセンの録音のレコードの原盤が廃棄される事態となる。「リリー・マルレーン」の歌と曲自体は、ヨーゼフ・ゲッベルス宣伝相の指示により別バージョンが作られる。
女性歌手によって歌われることが多い。日本ではベルリン出身のハリウッド女優、マレーネ・ディートリッヒの持ち歌として知られている。第二次世界大戦当時、ナチス政権下のドイツを離れ、アメリカの市民権を得ていたディートリヒは進んで連合軍兵士を慰問、この歌を歌った。このためにドイツでは彼女は敵側の人間(反逆者)と見なされ、戦後も不人気であった。
 
歌詞の内容は、戦場の兵士が故郷の恋人への思いを歌ったものである。

兵営の前、門の向かいに
街灯が立っていたね
今もあるのなら、そこで会おう
また街灯のそばで会おうよ
昔みたいに リリー・マルレーン
俺たち2人の影が、1つになってた
俺たち本当に愛しあっていた ひと目見ればわかるほど
また会えたなら、あの頃みたいに
リリー・マルレーン
もう門限の時間がやってきた
「ラッバが鳴っているぞ、遅れたら営倉3日だ」
「わかりました、すぐ行きます」
そして俺たちお別れを言った
君と一緒にいるべきだったのか
リリー・マルレーン
 もう長いあいだ見ていない
毎晩聞いていた、君の靴の音
やってくる君の姿
俺にツキがなく、もしものことがあったなら あの街灯のそばに、誰が立つんだろう 誰が君と一緒にいるんだろう
たまの静かな時には  君の口元を思い出すんだ 夜霧が渦を巻く晩には
あの街灯の下に立っているから
昔みたいに リリー・マルレーン
inserted by FC2 system