ロシア歌謡:百万本のバラ 

作詞:A.Voznesnkij 作曲:R.Pauls
歌: 加藤 登紀子

 
小さな家とキャンバス他にはなにもない
貧しい絵描きが女優に恋をした
大好きなあの人にバラの花をあげたい
ある日街中のバラを買いました
百万本のバラの花を
あなたに あなたに あなたに あげる
窓から 窓から 見える広場を
真っ赤なバラで うめつくして・・・・・
ある朝彼女は真っ赤なバラの海を見て
どこかのお金持ちがふざけたのだと
思った小さな家とキャンバスすべてを
売ってバラの花買った貧しい絵描きは
窓の下で彼女をみてた
百万本のバラの花を
あなたは あなたは あなたは見てる
窓から 窓から 見える広場は
真っ赤な 真っ赤な バラの海・・・・・・
出会いはそれで終わり 女優は別の街へ
真っ赤なバラの海ははなやかな彼女の
人生貧しい絵描きは 孤独な日々を送った
けれどバラの思い出は心に消えなかった
百万本のバラの花を
あなたに あなたに あなたにあげる
窓から 窓から 見える広場を
真っ赤なバラでうめつくして・・・・・

「百万本のバラ」は、ラトビアの歌謡曲を原曲とするロシア語の歌謡曲である。ソビエト連邦の歌手アーラ・プガチョワの持ち歌として知られる。日本では加藤登紀子による日本語版でも知られる。
ロシア語版の作詞は、アンドレイ・ヴォズネセンスキーによるものである。1982年にメロジヤから33回転シングル盤として発売された。多くのテレビ番組やラジオ番組で取り上げられ、ソ連崩壊まで長きにわたって絶大な人気を博した。1983年には日本でもLP盤としてビクターよりリリースされ、1988年には同じくビクターよりCDが出された。
歌詞の内容はグルジアの画家ニコ・ピロスマニがマルガリータという名の女優に恋したという逸話に基づいている。ラトビアの作曲家が書いた曲に、ロシアの詩人がグルジアの画家のロマンスを元に詞をつけ、モスクワ生まれの美人歌手が歌うという、多様な民族の芸術家が絡んでいる点で、ソ連ならではの歌とも言える。

Wikipedia

inserted by FC2 system