ロシア歌曲「赤いサラファン」Red Sarafan

歌: 鮫島 有美子

「赤いサラファン」(ロシア語: Красный сарафан)は、ロシアの歌曲である。

アレクサンドル・エゴロヴィチ・ヴァルラーモフにより1834年に作曲された。ニコライ・グリゴリエヴィチ・ツィガーノフ(英語版、ロシア語版)による1831年作の詩につけられたと伝えられている。
『サラファン(ロシア語: сарафан)』とはロシアの女性がルバシカ(ブラウス)の上に着るジャンパースカートに似た民族衣装である。 結婚に乗り気でない娘とそれを諭す母親との会話により成り立っている。原詩は10番まであり、1番から5番までは娘の台詞、6番から10番は母親の台詞である[2]。ロシア語の “赤い”(красный、クラースヌィ)には “美しい” という意味もある。
ロシアでは現在に至るまで歌い継がれている作品である。

1853年には当時ロシアを楽旅中だったポーランドのヴァイオリニスト、ヘンリク・ヴィエニャフスキが本作を元に幻想曲「モスクワの思い出」作品6を作曲した。
日本では津川主一の訳詞で親しまれ、いわゆるロシア民謡のレパートリーの一つとして人気がある。1984年にはNHKの『みんなのうた』で取り上げられた。2007年のテレビ東京のドラマ『李香蘭』でも、上戸彩が本作を歌唱するシーンがある。

inserted by FC2 system