ロシアの歌曲:「モスクワ郊外の夕べ」 英文題名:Moscow Nights

バリトン: ディミトリー・フヴォロストフスキー Dmitri Hvorostovsky
ソプラノ: アンナ・ネトレプコ Anna Netrebko

「モスクワ郊外の夕べ」(ロシア語: Подмосковные Вечера、英文題名:Moscow Nights)は、ロシアの歌曲である。
ヴァシリー・パヴロヴィッチ・ソロヴィヨフ=セドイ(Василий Павлович Соловьёв-Седой、1907年 - 1979年)が、1955年に作曲した曲。ミハイル・リヴォヴィッチ・マトゥソフスキー(Михаил Львович Матусовский、1915年 - 1990年)による歌詞がつけられている。
もともとは「レニングラードの夕べ」であったが、ソ連文化省の要請で「モスクワ郊外の夕べ」に変わり、歌詞も変えられた。国際スポーツ祭典である「スパルタキアード」の記録映画で、それまで劇場俳優だった若き日のウラジーミル・トロ―シン(Vladimir Troshin、1926~2008)がやさしさを込めながらも力強く歌い、様々な地域から集まったスポーツ選手たちがモスクワ郊外で休息する場面で使用され、その後もラジオで繰り返し放送されて有名になり、ロシア語では彼の歌がよく知られている。1957年の世界青年学生祭典(6th World Festival of Youth and Students)で、コンクールで第一位をとり、世界的にも有名になった。
その後、この曲の始めの出だし4小節と続く4小節のチャイムがそれぞれ、ソビエト連邦国営の全連邦ラジオ第二放送マヤークの時報前シグナル(正時/三十分)に採用される。

モスクワ放送合唱団やアレクサンドロフ赤軍合唱団の合唱の録音も有名である。また、ロシアの多数の歌手によってカヴァーされている。

Wikipedia

inserted by FC2 system