カタルーニャ(カタロニア)民謡:鳥の歌 El Cant dels Ocells

チェロ: パブロ・カザルス Pablo Casals (85歳)
ピアノ: ミェチスワフ・ホルショフスキ Mieczyslaw Horszowski
Recorded live on November 13, 1961 at the White House (当時の大統領:ジョン・F・ケネディ)

  

カザルスがカタルーニャ民謡『鳥の歌』を演奏し始めたのは、第二次世界大戦が終結した1945年といわれる。この曲には、故郷への思慕と、平和の願いが結びついており、以後カザルスの愛奏曲となった。

1971年10月24日、カザルス94歳のときにニューヨーク国連本部において「私の生まれ故郷カタロニアの鳥は、ピース、ピース(英語の平和)と鳴くのです」と語り、『鳥の歌』 (El Cant dels Ocells) をチェロ演奏したエピソードは伝説的で、録音が残されている。

カタロニアの短い民謡を一曲演奏します。
この曲は「鳥の歌」と呼ばれています。
空の鳥、宇宙の鳥は、
Peace! Peace! Peace!とさえずります。
この曲はバッハやベートヴェンなどの大作曲家も
きっと愛したでしょう。
美しい曲です それに
私の祖国カタロニアの魂なのです。

鳥の歌パブロ・カザルス

inserted by FC2 system