カタルーニャ(カタロニア)民謡(パブロ・カザルスの編曲):鳥の歌 El Cant dels Ocells

指揮: Jose Luis Dominguez Mandragon
Orchestre Symphonique de Saint-Etienne Loire
チェロ:エマニュエル・ベルトラ Emmanuelle Bertrand

  

『鳥の歌』(カタルーニャ語:El Cant dels Ocells)は、スペイン、カタルーニャの民謡。クリスマス・キャロルであり、キリスト聖誕を鳥が祝っている様子を歌っている。

カタルーニャ出身のチェロ奏者パブロ・カザルスの編曲・演奏によって、世界的に知られるようになり、またチェロのレパートリーとして演奏されるようになった。カザルスは、1971年10月24日の世界国際平和デーに国際連合本部で演奏会を行った際にも、この曲をアンコールで演奏し、これは世界中に放送された。演奏にあたってカザルスは、平和を求めるメッセージとともに、「私の生まれ故郷カタルーニャの鳥は peace、peace と鳴くのです」と付言している。

鳥の歌

inserted by FC2 system