スメタナ:弦楽四重奏曲 第1番 ホ短調「わが生涯より」 "From My Life"

スメタナ弦楽四重奏団 Smetana Quartet

  

弦楽四重奏曲第1番 ホ短調「わが生涯より」は、ベドルジハ・スメタナが1876年の10月から12月にかけて作曲した弦楽四重奏曲。

作曲者自身の生涯を象徴する半自叙伝的な内容をもち、「わが生涯より」という副題が付けられている。第1楽章の開始においてヴィオラが高音域で主旋律を奏でることや、終楽章において第1ヴァイオリンがハーモニクスでホ音の保続音(スメタナに聞こえていたという幻聴の象徴。実際にはイ長調の主和音が聞こえていたという)を奏でることで名高い。

聴力を失ったスメタナが、プラハからヤブケニツェ(チェコ語版)へと隠遁して間もない1876年10月頃から作曲が開始され、同年末頃に完成。しかし、第3楽章が技術的に困難であるとされたことや、様式的に欠陥があると指摘され、初演の引き受け手がなかなか見つからなかった。完成から2年が経過した1879年3月26日に、スメタナの友人であるスルブ=デブルノフの家でようやく初演された(試演とも)。このときヴィオラ奏者を務めたのがアントニン・ドヴォルザークであった。公開初演はスルブ=デブルノフ家での試演から3日後の、1879年3月29日にフェルディナント・ラハナーやアロイス・ネルーダ、ヤン・ペリカーン、ヨゼフ・クレハンの4名による演奏でプラハで行われた。初演を引き受けた4名は、スメタナが隠遁する前に指揮者として活動していた仮劇場のオーケストラの中心メンバーであった。また、この曲はフランツ・リストの眼前でも演奏されており、リストはこの作品に熱狂したという。

以下の4つの楽章から成り、上演時間は約30分。
1.Allegro vivo appassionato
2.Allegro moderato
3.Largo sostenuto
4.Vivace
「わが生涯より」という副題のもとにどのような標題が隠されていたのかは、作曲者自身の1879年7月21日の書簡から明らかになる。

スメタナ:弦楽四重奏曲第1番 ホ短調「わが生涯より

inserted by FC2 system