シベリウス:『カレリア』組曲 Karelia Suite 作品11

指揮: ウラディーミル・アシュケナージ Vladimir Ashkenazy
フィルハーモニア管弦楽団 The Philharmonia Orchestra

 

『カレリア 』(Karelia, フィンランド語:Karjala)はフィンランドの作曲家ジャン・シベリウスの管弦楽作品。当初は劇音楽として作曲された。その後、1曲の序曲と8曲の組曲とし、組曲はさらに3曲に絞られ、現在にいたる。

作曲の経緯

1892年にアイノ・ヤルネフェルトと結婚したシベリウスは、新婚旅行にカレリア地方を訪れた。カレリアは、フィン人の発祥の地であった。シベリウスはカレリア地方の民謡や伝説に、作曲のインスピレーションを得た。翌1893年、シベリウスはヘルシンキ大学のヴィープリ出身の学生の団体から、その年の秋に行う野外歴史劇のための音楽を依頼された。この歴史劇は、カレリア地方の13世紀から19世紀までの歴史を7つの場面で、描くものであった。

『カレリア』組曲 op.11

3曲から構成される。シベリウスの管弦楽曲のうち比較的よく演奏される作品で、第3曲「行進曲風に」は単独で演奏されることも多い。
第1曲:Intermezzo 間奏曲劇の第3景、リトアニアの王女ナリモンドがカレリアの住民から税を取り立てていた時代の場面の音楽。ほぼ1つの主題の繰り返しからなる。
第2曲:Ballade バラード劇の第4景、ヴィープリの場内で吟遊詩人が歌う場面の音楽。原曲ではバリトン独唱が入った。
第3曲:Alla marcia 行進曲風に劇の第5景、16世紀の場面の音楽。2つの主題からなる行進曲。

『カレリア』組曲op.11

inserted by FC2 system