リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェヘラザード」 "Sheherazade" 作品35 から
第1楽章《海とシンドバッドの船》

指揮:クルト・マズア Kurt Masur
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 Leipziger Gewandhausorchester

第1楽章 第2楽章-1 第2楽章-2 第3楽章 第4楽章-1 第4楽章-2

『シェヘラザード』作品35は、1888年夏に完成されたニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ作曲の交響組曲である。千夜一夜物語の語り手、シャハラザード(シェヘラザード、シェエラザード)の物語をテーマとしている。シャハラザードを象徴する独奏ヴァイオリンの主題が全楽章でみられる。各楽章の表題は本来は付けられていない。

第1楽章《海とシンドバッドの船》 ホ短調 - ホ長調 力強いユニゾンはシャリアール王の主題、ハープ伴奏の独奏ヴァイオリンがシェヘラザードの主題を示す。これらの序奏が終わったあとに主部となり、うねるような海の様子をよく表す伴奏音型にのって、海の主題、船の主題がつづく。シャリアール王とシェヘラザード王妃の主題が絡み合う。

リムスキー・コルサコフ:シェヘラザード

inserted by FC2 system