リムスキー・コルサコフ: 熊蜂の飛行 "Flight Of The Bumble Bee"

ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団 Royal Scottish National Orchestra

「熊蜂の飛行」(くまばちのひこう、ロシア語: Полет шмеля、英語: Flight of the Bumblebee)は、ロシアの作曲家リムスキー=コルサコフが作曲した曲。「くまんばちの飛行」、「熊蜂は飛ぶ」、「くまんばちは飛ぶ」等とも訳される。ただし、ロシア語の"Шмели"も英語の"bumblebee"も、和名はマルハナバチ(ミツバチより大型のミツバチ科のハチ)であり、クマバチはマルハナバチよりさらに大型のミツバチ科のハチである。

アレクサンドル・プーシキンの原作に基づき1889年から翌年にかけて作曲されたオペラ『サルタン皇帝』(ロシア語: Сказка о царе Салтане)の第3幕で、主人公のグヴィドン王子が魔法の力で蜂に姿を変え、悪役の2人の姉妹を襲う場面で使われる曲である。ラフマニノフらによりピアノ曲やヴァイオリン曲などに編曲され、熊蜂の羽音を模した親しみやすい曲調もあって広く知られている。また、シフラがピアノ独奏用に編曲した版は、ピアノの難曲として知られている。またフレディ・マーチン楽団が発表した「バンブル・ブギー」(Bumble Boogie)という名でジャズの形でも演奏される。

演奏者のテクニックを示すために、様々な楽器でしばしば演奏される。ヴァイオリン、トランペット、胡弓、エレキギター、はてはチューバで演奏された例もある。

リムスキー・コルサコフ:熊蜂の飛行

inserted by FC2 system