叙唱:"Praefotio"「プレファチオ」 

叙唱とは、主の晩餐を記念する典礼の始めの祈り。
司祭が会衆を代表して神に捧げる感謝の祈り。
この祈りに応える形で、会衆は「聖なるかな」
(サンクトゥス)を歌って神を称える。

[音声のみ]

Dominus vobiscum Et cum spiritu tuo Sursum corda Habemus ad Dominum Gratias agamus Domino Deo nostro Dignum et justum est Vere dignum et iustum est,aequum et salutare, nos tibi semper et ubique gratias agere, Domine, sancte Pater, omnipotens aeterne Deus, per Christum Dominum nostrum. Qui pati pro impiis dignatus est innocens, et pro sceleratis indebite condemnari. Cuius mors delicta nostra detersit, Et iustificationem nobis resurrectio comparavit. Unde et nos cum omnibus Angelis te laudamus, iucunda celebratione clamantes.

(司祭)主は皆さんとともに (会衆)また あなたとともに (司祭)心を上げなさい。 (会衆)主のもとに上げています (司祭)主なる神に感謝しましょう (会衆)ふさわしい 正しいことです 聖なる父、全能永遠の神、 主キリストによっていつもあなたをたたえ、 感謝の祈りを捧げることは まことに尊いつとめです。 罪のないキリストは苦しみをにない、 罪びとに代わって、さばきを受けてくださいました。 キリストの死は罪を清め その復活は私たちに救いをもたらしました。 天も地もすべての天使とともに、 あなたをたたえて絶え間なく歌います。

 歌詞対訳:国井健宏

inserted by FC2 system