ヴィラ=ロボス Villa-Lobos :ブラジル風バッハ 第5番(ソプラノ独唱とチェロ)

ソプラノ: Paloma Friedhoff Bello
Cellists from the Jacobs School of Music, Indiana University
February 18th 2012

 

I. Aria (cantinela)
II. Dansa (martelo)

ブラジル風バッハ 第5番 Bachianas Brasileiras No. 5 for soprano and 8 cellos
1938年作曲、1945年改訂。ヴィラ=ロボスの最も有名な作品である。ソプラノ独唱と8つのチェロのための作品だが、ストコフスキーはアンナ・モッフォと組んだ録音において、「オリジナルは8本のチェロが伴奏する形で書かれている。しかしヴィラ=ロボス自身が、さらに4本のチェロを部分的に追加し、2本のコントラバスによってバスの旋律的な流れを補強しようと考えていた」と述べている。
I. アリア(カンティレーナ) Aria: Cantilena :ヴォカリーズに始まりハミングで復唱される有名な旋律。中間部の歌詞はルツ・ヴァラダレシュ・コレア(Ruth Valadares Correa)による。
 
II. 踊り(マルテロ) Danca: Martelo :マヌエル・バンデイラ(英語版)の歌詞による。

ロボス:ブラジル風バッハ

inserted by FC2 system