フォスター: 主人は冷たい土の中に Massa's in the Cold, Cold Ground

バリトン: 高橋 正典 Masanori Takahashi

「主人は冷たい土の中に」(原題:Massa's in De Cold Ground)は、1852年にアメリカ合衆国の作曲家、スティーブン・フォスターが作詞・作曲した歌曲である。

「故郷の人々(スワニー河)」が発表された翌年の1852年に発表された。プランテーションの年老いた主人が亡くなり、そこの奴隷として働いていた黒人らが、優しく皆に慕われていた主人を偲んで嘆き悲しむという内容。フォスターが南部を旅行した際に書かれたプランテーション・ソングの1つであり、表題の"Massa"("Master"の訛り)をはじめフォスターの他のプランテーション・ソングと同様に黒人英語が歌詞に多用されている。
この楽曲の旋律は、ジョセフ・C・ラドゲイト(1864年 - 1947年)が新規に歌詞を付けて1898年に発表した賛美歌"A friend of Jesus!"(聖歌519/新聖歌426「世には良き友も」)に転用されている。

この楽曲は昭和初期に日本で紹介され、現在も広く歌われている。最初期のSPレコードは「お優しかった御主人様」の表題で、後に直訳の「主人は冷たい土の中に」が広く用いられるようになったが、その他にも様々な訳題が存在する
訳詞は武井君子による「静かに眠れ」の副題が付いたものが広く知られており、音楽の教科書にも採用されている他、勝承夫や水田詩仙の訳詞も存在する。また、加藤義清作詞の「春風」はこの楽曲の旋律を転用しているが、歌詞は原曲と無関係なものになっている。映画『東京物語』のラストシーンで原節子が演じるヒロインの紀子が口ずさむ歌が、この「春風」である。

1 Round de meadows am a ringing
De darkey's mournful song
While de mocking bird am singing
Happy as de day am long
Where de ivy am a creeping
O'er de grassy mound
Dare old massa am sleeping
Sleeping in de cold, cold graound
Down in de cornfield
Hear dat mournful sound
All de darkeys am a weeping
Massa's in de cold, cold gound
草原に響きわたる
黒き同胞たちの哀歌
マネツグミたちは楽しく
戻らぬ日々を歌う
ツタの生い茂る
草葉の陰の墳丘に
あの優しかった主人は眠る
冷たい、冷たい土の中に
トウモロコシ畑の一面に
悲哀の歌が聞こえる
黒き同胞たちが涙を流し
主人は眠る、あの冷たい土の中に
 
2 秋の落葉、そして寒さが訪れる頃には
老いた主人の呼び声は聞こえなくなった
彼はもう歳を重ねて
すっかり弱り切っていたから
オレンジの木が花を咲かせ
砂浜に夏が訪れたのに
この暑い盛りにはもう
主人の呼び声を聞くことはない
 
3 主人は黒き同胞たちに愛されていた
彼はとても優しかった
残された者たちは皆
先立った主人を想い悲嘆にくれる
もう明日から仕事も手に付かないだろう
ただただ涙が止まらない
どうしてこの悲しみを振り払おうか
使い古したバンジョーでも弾いてみようか

フォスター:主人は冷たい土の中に

inserted by FC2 system