ドヴォルザーク:オペラ『ルサルカ』"Rusalka" より「月に寄せる歌」

ソプラノ: ルチア・ポップ Lucia Popp
Re-opening of Zurich Opera House 1980

『ルサルカ』(Rusalka)作品114(B203)は、アントニン・ドヴォルザークが作曲した9作目のオペラ。。
もっとも有名なアリアは第1幕からの「月に寄せる歌」(Song to the Moon)であり、単独で演奏されたり録音されることが多い。またヴァイオリン用に編曲され、映画のサウンドトラックに使用されてきた。

ロシア民謡「トロイカ」

inserted by FC2 system