ドボルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」 第1楽章 Adagio - Allegro molto

指揮: ロリン・マゼール Lorin Maazel
ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団 Philharmonic-Symphony Society of New York, 2004

交響曲第9番ホ短調作品95『新世界より』(英: From the New World、独: Aus der neuen Welt、チェコ語: Z noveho sveta)は、アントニン・ドヴォルザークが1893年に作曲した、4つの楽章からなる彼の9番目にして最後の交響曲である。古くは出版順により第5番と呼ばれていたが、その後作曲順に番号が整理されて、現在では第9番で定着している。
ボヘミア(現在のチェコの中西部)の生んだ大作曲家アントニン・ドヴォルザーク(1841~1904)は、1892年にニューヨークにあるナショナル・コンサーヴァトリー・オブ・ミュージック・オブ・アメリカの院長に招かれ、1895年4月までその職にあった。この3年間の在米中に、彼の後期の重要な作品がすくなからず書かれている。作品95から106までの曲がそれである。しかし、アメリカに着いた年の夏に書かれた『新世界より』は、チェロ協奏曲と並ぶ彼の生涯の傑作中の傑作であることは改めて言うまでもない。

第1楽章 Adagio - Allegro molto アダージョ―アレグロ・モルト。
ホ短調、序奏付きソナタ形式(提示部の反復指定あり)。 序奏は弦の旋律によって始まる。クラリネットやホルンの信号的な動機に続き、木管楽器に冒頭の旋律が戻ってくると、突如として荒々しく低弦とティンパニ、クラリネットが咆哮する。盛り上がった後一旦静まり、アレグロ・モルトの主部に入る。第1主題は10度にわたるホ短調の分散和音を駆け上がる動機と、これに木管楽器が応える動機からなっている。第1主題前半の動機はその後の楽章にも度々現れ、全曲の統一感を出す役割を果たしている。弦が一気に盛り上げ、トランペットのファンファーレと共にこの主題が確保される。次いでフルートとオーボエによるト短調の第2主題が提示される。これは黒人霊歌を思わせる旋律となっている。

交響曲第9番 (ドヴォルザーク)

inserted by FC2 system