ドボルザーク: 管楽器のためのセレナーデ Serenade for Wind ニ短調 作品44 第1楽章

管楽器楽団: Reed5

 

セレナード ニ短調 作品44(B77)は、アントニン・ドヴォルザークが作曲した2曲のセレナードの1曲。弦楽合奏のための『セレナード ホ長調(弦楽セレナード)』作品22(B52)との区別や管楽器主体の楽器編成のため『管楽セレナード』と呼ばれるが、編成にはチェロやコントラバスといった低音の弦楽器も含まれる。『弦楽セレナード』(1875年)の3年後、『スラヴ舞曲』第1集などと同時期の1878年1月に作曲された。初演は同年11月17日、プラハ国民劇場の仮劇場で催されたドヴォルザークの自作発表のコンサートで、自身の指揮により行われた。

楽器編成
オーボエ 2、クラリネット 2、ファゴット 2、(コントラファゴット)、ホルン 3、チェロ、コントラバス

4楽章からなる。全曲で約24分。
I Moderato, quasi marcia ニ短調 4分の4拍子
II Minuetto ヘ長調 4分の3拍子
III Andante con moto イ長調 4分の4拍子
IV Finale, allegro molto ニ短調 - ニ長調 4分の2拍子

inserted by FC2 system