ドボルザーク:弦楽四重奏曲 第12番 ヘ長調 作品96『アメリカ』 より 第2楽章 Lento(ゆるやかに)

フライ・ストリート四重奏団 Fry Street Quartet

 
ドヴォルザークの弦楽四重奏曲第12番ヘ長調 作品96, B.179 『アメリカ』は、1893年に作曲された弦楽四重奏曲。ドヴォルザークがアメリカ滞在中に作曲した作品で、彼の室内楽作品中最も親しまれている作品のひとつである。
 
第2楽章 Lento ニ短調、三部形式の感動的な緩徐楽章である。ヴァイオリンが黒人霊歌風の歌を切々と歌い、チェロがこれを受け継ぐ。中間部はボヘミアの民謡風の音楽となり、郷愁を誘う音楽である。
 

ドヴォルザークの弦楽四重奏曲第12番ヘ長調 作品96, B.179 『アメリカ』は、1893年に作曲された弦楽四重奏曲

inserted by FC2 system