ドボルザーク:悲しみの聖母 第1曲 Part.1 Stabat Mater

指揮:ヴァーツラフ・ターリッヒ Vaclav Talich

第1曲-1第1曲-2第1曲-3

スターバト・マーテル 作品58、B.71
1875年9月、ドヴォルザークは長女を失う不幸に見舞われた。彼は、1876年2月にこの曲に着手し5月にはスケッチを完成させたが、他の仕事に手を取られてこの作品は棚上げにされていた。ところが、1877年8月に次女を、9月に長男を相次いで失い、彼らの冥福を祈る意味でこの作品に再び向かうと、11月13日にはオーケストレーションを完成させた。全10曲中アレグロで書かれているのは、終曲の後半のみで、あとはすべて緩徐な曲である。また、10曲中4曲が長調の曲であり、深い悲しみを克服し穏やかな平安を得ようとする真摯な祈りに満ちた作品となっている。
初演は1880年12月23日、プラハ音楽芸術家協会の定期コンサートにおいてアドルフ・チェフの指揮により行われた。

アントニン・ドヴォルザーク 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

inserted by FC2 system