ドボルザーク:弦楽セレナーデ 作品22 第1楽章-第2楽章

指揮:パヴェウ・プシトツキ Pawel Przytocki
クラクフ・ベートーヴェン・アカデミー管弦楽団 Beethoven Akademie Orchestra Krakau

第1-2楽章 第3-4楽章 第5楽章

 

アントニン・ドヴォルザークの《弦楽セレナーデ ホ長調》作品22は、1875年の作品。今日でも人気のあるドヴォルザーク作品の1つ。1875年はドヴォルザークにとって実り豊かな年であり、ウィーンから気前よく奨学金を授与され、これによって《交響曲 第5番》やいくつかの室内楽曲を完成させることが出来た。このセレナーデもその1つである。この作品は、おそらく12日間で仕上げたらしく、1875年5月3日から14日にかけて作曲された。初演は1876年にアドルフ・チェフ指揮プラハ・フィルハーモニー管弦楽団によって行われた。

第1楽章:Moderato ホ長調。
八分音符のリズムを刻み続けるヴィオラに乗って、第2ヴァイオリンとチェロが抒情的な主要主題を歌い出す。第1ヴァイオリンが舞い上がるような対旋律を歌い出す中、第2ヴァイオリンが広い音域の中を動き回って旋律主題を歌い継いで行く。第31小節において、ト長調へと転調すると、付点リズムが特徴的な、舞曲風の主題が現れる。第54小節でホ長調の主要主題に戻り、そのままホ長調の主和音で終わる。

第2楽章:Tempo di valse 揺れ動くような舞曲の旋律に始まる。嬰ハ短調。
最初の楽節が反復されると、ホ長調による第2の楽節が始まる。第2主題の後半では、付点リズムが特徴的な旋律も現れる。第1主題が再帰すると、第1部の締め括りのカデンツでは、嬰ハ短調の主和音の上にフォルティッシモの記号が添えられている。
第2部は、嬰ハ長調の異名同音音階である変ニ長調に転調する。この楽節の主題が一通り展開された後、第1部が再現される。最後はピカルディ終止によって、(ふたたびフォルティッシモによって)嬰ハ長調の和音で終止する。

弦楽セレナーデ (ドヴォルザーク)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

inserted by FC2 system