ドボルザーク:ユーモレスク

ヴァイオリン:ヨゼフ・スーク Josef Suk

《8つのユーモレスク(フランス語: Humoresques, チェコ語: Humoresky)》Op. 101(B. 187)は、ボヘミアの作曲家アントニーン・ドヴォルジャークが1894年の夏に作曲したピアノ曲集である。中でも変ト長調の第7曲は、最も有名なピアノ曲の一つに数えられており、またフリッツ・クライスラーによるヴァイオリン用の編曲でも名高い。

ユーモレスク (ドヴォルザーク)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

inserted by FC2 system