ブリテン:青少年のための管弦楽入門 "The Young Person's Guide to the Orchestra" 作品34

指揮:イーゴリ・マルケヴィチ Igor Markevitch
フィルハーモニア管弦楽団 The Philharmonia Orchestra   1955
Narrated by Sir Peter Pears
(サー・ピーター・ピアーズ 1910 - 1986は、イギリスのテノール歌手。 作曲家ベンジャミン・ブリテンの生涯にわたるパートナーとして知られた。)

 

『青少年のための管弦楽入門』(The Young Person's Guide to the Orchestra)は、イギリスの作曲家ベンジャミン・ブリテンが1945年に作曲した管弦楽曲。プロコフィエフの『ピーターと狼』と並んで、オーケストラの入門曲として非常に有名な作品である。

独特のタイトルで有名な曲である。変奏曲のそれぞれの変奏に、オーケストラで使用されるさまざまな楽器の独奏を配置する、という形式をとる。それぞれの変奏には解説が付いており、オーケストラの各々の楽器を紹介する形になっている。
英国放送協会(BBC)が制作した音楽教育映画 "Instruments of the Orchestra" (オーケストラの楽器)のために、1945年12月中旬から同月31日深夜にかけて作曲された。映画は翌1946年11月29日に公開された。
映画ではマルコム・サージェントが指揮と解説(ナレーション)を行い、ロンドン交響楽団が演奏した。映画の公開に先立ち、同年10月15日に同じく指揮サージェント、解説エリック・クロージャーの下、リヴァプール・フィルハーモニック管弦楽団によって初演された。

曲の構成

ヘンリー・パーセルの劇付随音楽『アブデラザール』の「ロンド」の主題による変奏曲とフーガである。トゥッテイとアンサンブルからなる主題提示部、変奏とフーガからなる展開部、再現部、結尾部の4つから構成されている。曲の性格上、親しみやすいメロディを前面に押し出した、平明な音楽となっている。

主題の提示

パーセルの主題が、編成を変えて以下の順に提示される。Allegro maestoso e largamente トゥッティ
木管合奏
金管合奏
弦楽合奏
打楽器合奏
トゥッティ

変奏

主題がオーケストラの各々の楽器で変奏される。変奏する楽器の順は以下のようになっている。
フルートとピッコロ Presto
オーボエ Lento
クラリネット Moderato
ファゴット Allegro alla marcia
ヴァイオリン Brillante: alla polacca
ヴィオラ Meno mosso
チェロ
コントラバス Cominciando lento ma poco a poco accel. al Allegro
ハープ Maestoso
ホルン L'istesso tempo
トランペット Vivace
トロンボーンとチューバ Allegro pomposo
打楽器 Moderato ティンパニ
大太鼓とシンバル
タンブリンとトライアングル
小太鼓とウッドブロック(木魚)
シロフォン(木琴)
カスタネットとタムタム(銅鑼)
むち

解説(ナレーション)

演奏は指揮者自身あるいは解説者(ナレーター)による解説付きで行われる。この解説の文章は、ブリテンの友人であったエリック・クロージャー(Eric Crozier)によって書かれている。クロージャーは本作の初演(1946年10月15日)でも解説者を務めている。ブリテンは解説ありと解説なしのどちらでも演奏できるように書いており、解説なしで演奏されることも多い。
日本語版では栗原小巻、小澤征爾、三枝成彰らがナレーションを担当した録音がある。多くは海外録音の演奏に日本でナレーションを加えているため、同じ演奏でもLPとCDでナレーターが替わっている場合もある。

Wikipedia

inserted by FC2 system