ボロディン:交響詩 「中央アジアの草原にて」 In the Steppes of Central Asia

指揮: ヨス・ファン・インマゼール Jos van Immerseel
古楽器管弦楽団: アニマ・エテルナ Anima Eterna

 

交響詩『中央アジアの草原にて』(露:В средней Азии、直訳:中央アジアにて)は、ロシアの化学者・作曲家アレクサンドル・ボロディンが作曲した交響詩である。

作曲・初演

1880年、アレクサンドル2世即位25周年を記念して作曲された。初演は同年4月8日、サンクトペテルブルクにてリムスキー=コルサコフ指揮による。

曲の構成

コーカサスの草原で、ロシア人と東洋人の交流の様子が描かれている。まず、ロシアを表す主題が呈示され、次に東洋風の主題がこれに答える。この二つの主題が対話しながら発展し、クライマックスでは二つの旋律が同時に重ねられる。

Wikipedia

inserted by FC2 system