ルロイ・アンダーソン: トランペット吹きの子守歌 A Trumpeter's Lullaby

トランペット:ブランドン・ライデナワー Brandon Ridenour
イリノイ州・ホイートン大学 シンホニック バンド Wheaton College Symphonic Band

『トランペット吹きの子守歌』(英語: A Trumpeter's Lullaby)は、ルロイ・アンダーソンが作曲したトランペットと管弦楽のための作品。『トランペット吹きの休日』と並んで最も知られている作品。演奏時間は約3分。

1949年に、アーサー・フィードラーとボストン・ポップス・オーケストラからの委嘱によって作曲されたオーケストラのための小品である。初演は1950年5月9日に行われ、初演時のトランペット奏者はロジャー・ボイジン(英語版)であった。
スコットランドの民謡などに見られるヨナ抜き音階に似た民謡音階が一部使用されている。

Wikipedia

inserted by FC2 system