モーツアルト:モテット エクスルターテ・ユビラーテ 踊れ、喜べ、幸いな魂よ K.165

ソプラノ: ルネ・フレミング Renee Fleming

 

《エクスルターテ・ユビラーテ》(ラテン語:Exsultate, Jubilate)KV.165 (158a) は、モーツァルトが1773年に作曲したモテット。日本では、第1楽章の歌詞から『踊れ、喜べ、幸いなる魂よ』などの訳題が使われることもある。
モーツァルト父子がミラノ訪問中に、モーツァルトのお気に入り のカストラート歌手ヴェナンツィオ・ラウッツィーニのために作曲された。現在では、通常リリック・ソプラノの主要なレパートリーとなっており、その華やかな曲調からコロラトゥーラ的技術も要求される。
以下の3楽章からなり、冒頭楽章がソナタ形式をとっているため、さしずめ声楽と管弦楽のための協奏曲のような構成になっている。とりわけ終楽章の「アレルヤ」が有名。第1楽章の最後に短いレチタティーヴォが挿入されている他、第2楽章と第3楽章は切れ目無く演奏される。

Ⅰ アレグロ(ヘ長調、4分の4拍子)
Ⅱ アンダンテ(イ長調、4分の3拍子)
Ⅲ アレグロ(ヘ長調、4分の2拍子)

音楽の森 エクスルターテ・ユビラーテ

inserted by FC2 system