モーツアルト:ヴァイオリン・ソナタ 第28番 ホ短調 K.304

ヴァイオリン: オレグ・カガン Oleg Kagan
ピアノ: スヴャトスラフ・リヒテル Sviatoslav Richter

  

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのヴァイオリンソナタ第28番ホ短調K.304は、イ短調のピアノソナタ(第8番)と同じ1778年頃の作品。K.55~K.61までの偽作(K.61はヘルマン・フリードリヒ・ラウパッハの作品)を除けば第21番である。
母アンナがパリで客死した時期のもので、明るい曲想の多い作曲者の作品の中では、数少ない短調の劇的なもの。

第1楽章 Allegro 2分の2拍子。
冒頭はピアノのオクターヴとヴァイオリンの力強いユニゾン。主調のアルペジョが印象的。時にヴァイオリンが持続低音をつとめるなど、簡単ながら効果的な役目を果たしている。 通常はE-Fis-E-Dis-Eとすべきところ、E-F-E-Dis-Eという特徴的な旋律線に「モーツァルトの半音階」が巧みに生かされている。 ヴァイオリンには重音を多く求めず、奏者の負担も軽いことから人気が高い。

第2楽章 Tempo di Menuetto 4分の3拍子。前楽章とは異なり可憐な緩徐楽章。

inserted by FC2 system