モーツァルト:ピアノ ソナタ 第18番 ニ長調 K.576

ピアノ: フリードリヒ・グルダ Friedrich Gulda
Live recording from 1995

第1楽章 Allegro ニ長調 8分の6拍子 ソナタ形式
第2楽章 Adagio イ長調 4分の3拍子 三部形式
第3楽章 Allegretto ニ長調 4分の2拍子 ロンド形式

ピアノソナタ ニ長調K.576は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した最後のピアノソナタ。旧モーツァルト全集では第17番、新モーツァルト全集では第18番である。

モーツァルトは1789年にドイツを旅行し、ベルリンにおいてプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の御前で演奏する機会があった。その際にモーツァルトは王から、6曲の弦楽四重奏曲と、長女フリーデリケ・シャルロッテ王女のために6曲のやさしいピアノソナタの作曲を依頼されたといわれる。しかし、プロイセン側の公式記録や当時の手紙や新聞などにはモーツァルトの上記の作曲に関する記述は一切発見されておらず、メイナード・ソロモン(英語版)はモーツァルトの主張を疑問視しており、モーツァルトによる捏造と推測している。
ウィーンに戻った後、モーツァルトは作曲にかかったが、結局完成したのは弦楽四重奏曲が3曲(「プロシャ王セット」と通称される)と、ピアノソナタが1曲のみであった。このピアノソナタがニ長調 K. 576であるが、上記の依頼の真偽は別にしても、実際にはモーツァルトのピアノソナタの中でも最も演奏が難しい作品となっている。また、バロック的な対位法が活用されていることが特徴である。弦楽四重奏曲同様にモーツァルトの死後に遺作として出版されたが、自筆譜は現存しない。

Wikipedia

inserted by FC2 system