モーツアルト:ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調 K.457

ピアノ : 内田 光子 Mitsuko Uchida

 

ピアノソナタ第14番ハ短調K.457は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した3楽章からなるピアノソナタである。モーツァルトが作った短調のピアノソナタは、イ短調のピアノソナタ第8番とこの作品のみである。このソナタはモーツァルトのピアノソナタの中で最も激しく劇的な展開を見せており、初期のベートーヴェンに強い影響を与えたと言われる。

第1楽章 Molto Allegro ハ短調 4/4拍子 ソナタ形式。
第1主題はオクターブのユニゾンで力強く始まるが、すぐにか細い応答と神経質な半音下降とで雰囲気が打ち消される。その後変ホ長調に転じ、一見第2主題ともとれる移行部を経て、かわいらしい第2主題と小結尾が提示される。展開部は移行部の旋律がヘ短調で現れるほかは、第1主題冒頭部のみを執拗に展開する。再現部では移行部は省略され、代わりに変ニ長調の短いエピソードが挿入されている。第2主題と小結尾はハ短調で再現される。コーダでは第1主題がカノン風に扱われた後に決然と鐘のような旋律が現れ、最後は低音のうごめくような動きで終わる。

第2楽章 Adagio 変ホ長調 4/4拍子
美しいアダージョで、両端楽章との鋭い対比を持つ。ロンド形式だがエピソードやコーダが長く、入り組んでいる。優しい雰囲気を持った主要主題は、再現されるたびに変奏が凝らされてゆく。第1エピソードは変ロ長調で、出だしの音の動きは主要主題と共通である。第2エピソードは変イ長調で、ベートーヴェンのピアノソナタ第8番第2楽章の有名な旋律との関連性が指摘されている。コーダは第1エピソードと関連性がある。

第3楽章 Allegro Assai ハ短調 3/4拍子 変則的なロンドソナタ形式。
大まかにABACBACコーダという構成。第1主題(A)は最初物憂げに始まるが、突然劇的に盛り上がる。第2主題(B)は変ホ長調で、その後半は第1楽章の小結尾と関連性がある。ほぼ同じ形で第1主題が繰り返された後に入るエピソード(C)はヘ短調→ト短調で、非常に短い。再現部はハ短調で第2主題が先に現れる。その後に第1主題がフェルマータによる中断を伴って、非常な不安感・緊張感を持って再現される。それが爆発した後にエピソードが更に短く再現されると、そのままコーダに突入し、最後は激しい2つの和音で終わる。

inserted by FC2 system