モーツアルト:ピアノ四重奏曲 第2番 変ホ長調 K.493

ヴァイオリン: フランク・ペーター・ツィンマーマン Frank Peter Zimmermann
ヴィオラ:   タベア・ツィンマーマン Tabea Zimmermann
チェロ:    ティルマン・ヴィック Tilmann Wick
ピアノ:    クリスティアン・ツァハリアス Christian Zacharias

ピアノ四重奏曲第2番 変ホ長調 K.493は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したピアノ四重奏曲。

1785年11月に、ピアノ四重奏曲第1番が完成した直後に着手された(モーツァルトの手紙の記述による)。しかし第1番で触れたように、出版社とのトラブルがあった他、オペラ『フィガロの結婚』の作曲に忙殺されたため、第2番は1786年6月3日にようやく完成した。完成して間もなく、第1番の楽譜が売れなかったためか、ホフマイスターは第2番の出版を中止し、モーツァルトは契約を解除した。そして翌1787年に第2番はアルタリアから出版された。
緊迫感に溢れるト短調の第1番は暗い雰囲気が漂うが、反対に第2番は抒情的であると同時に、大らかで、明るい性格を特色とした作品になっている。全3楽章構成。演奏時間は約34分。

第1楽章 アレグロ Allegro 変ホ長調、4分の4拍子。
ソナタ形式による楽章で、力強ささえも感じる厚みのある響きのなかで、大きな広がりを特色とした世界が繰り広げられていく。

第2楽章 ラルゲット Larghetto 変イ長調、8分の3拍子。
ほとんど大部分が弱奏で演奏されるソナタ形式による楽章である。デリケートな美しさに包まれていると同時に繊細な抒情を湛えている。

第3楽章 アレグレット Allegretto 変ホ長調、2分の2拍子。
快い流れを特色としたロンド形式によるフィナーレ。ガヴォット風の軽やかな主要主題を軸にして組み立てられており、まさにこの作品の最後を飾るに相応しい楽章になっている。ピアノの華麗なパッセージが独特の彩りを添えている。

Wikipedia

inserted by FC2 system