モーツアルト:ピアノ協奏曲 第27番 変ロ長調 K.595

指揮: トレヴァー・ピノック Trevor Pinnock
ヨーロッパ室内管弦楽団 Chamber Orchestra of Europe
ピアノ: マリア・ジョアン・ピレシュ Maria Joao Pires

 

ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 ケッヘル番号595番はヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの最後のピアノ協奏曲である。1791年1月5日に完成した。

1791年、すなわちモーツァルト最期の年に作曲されたこのピアノ協奏曲はその清澄なスタイルから、それまでの彼のピアノ協奏曲と一線を画すものである。1791年、莫大な借金に追われ、もうすでに3年以上も予約演奏会を開くことが出来ずにいたモーツァルトは、1788年に第1楽章を手がけていたこのピアノ協奏曲を完成させた。1月のことである。とはいうものの会員は集まらないので、3月4日、宮廷料理人イグナーツ・ヤーン邸において開かれた、親しい友人であったクラリネット奏者ベーアによる演奏会に出演させてもらい、このピアノ協奏曲をモーツァルトを解することのなくなったウィーン聴衆の前で演奏した。この日の演奏会がモーツァルトにとり、演奏者としてステージに登場した最後の機会となった。ちなみにこの演奏会ではモーツァルトのかつての恋人で義姉のアロイジア・ランゲがモーツァルトのアリアを歌った。
彼のピアノ協奏曲の中でも演奏回数が最も多い部類になっている。
演奏時間 約30分(各14分、7分、9分)

第1楽章 アレグロ 変ロ長調 4/4拍子 ソナタ形式
型どおりの古典派の協奏ソナタ形式。交響曲第40番と同様に、雰囲気を確保するための1小節の伴奏で始まる。展開部では、もっぱら第1主題が使われる。

第2楽章 ラルゲット 変ホ長調 2/2拍子 三部形式
モーツァルトの晩年特有の静謐な美しさを持つ。

第3楽章 アレグロ 変ロ長調 6/8拍子 ロンド形式
軽快なロンド主題で始まる。このロンド主題は、同年に歌曲K.596「春への憧れ」に転用された。
第1楽章と第3楽章には、モーツァルト自身のカデンツァが残されている。第3楽章にある2箇所のアインガングは、モーツァルト自身のものは残されていない。

モーツアルト:ピアノ協奏曲第27番

inserted by FC2 system