モーツアルト:ピアノ協奏曲 第23番 K.488 第1楽章

指揮:シャーンドル・ヴェーグ Sandor Vegh
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 Vienna Philharmonic
ピアノ:ラドゥ・ルプー Radu Lupu

第1楽章 第2楽章 第3楽章

ピアノ協奏曲第23番イ長調K.488は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したピアノ協奏曲。モーツァルト自身の作品目録によれば、1786年3月2日に完成された。作曲に着手したのは、1783年か1784年の冬と見られている。初演は1786年3月に行われたと見られているが、詳細は不明である。
モーツァルトの同時期のピアノ協奏曲と比べると、楽器編成や曲の構成が単純であり、簡潔で軽快な曲である。

第1楽章 アレグロ イ長調 4/4拍子 ソナタ形式
型どおりの古典派の協奏ソナタ形式。オーケストラが提示した主題をピアノが繰り返す明快な形式である。展開部では、提示部の主題ではなく新しく導入された主題が使われる。

モーツアルト:ピアノ協奏曲 第23番

inserted by FC2 system