モーツアルト:ピアノ協奏曲 第23番 K.488 第2楽章 Adagio

ピアノ: クリストフ・エッシェンバッハ Christoph Eschenbach

ピアノ協奏曲第23番イ長調K.488は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したピアノ協奏曲。古典派のピアノ協奏曲の最高峰に位置する作品の一つである。

第2楽章 アダージョ 嬰ヘ短調 8分の6拍子 三部形式
モーツァルトに珍しい嬰ヘ短調がとられているが、平行調に入ったにすぎない。アダージョの指定もモーツァルトには珍しい。シチリアーノのリズムに基づいた、静かで多少メランコリックな旋律が歌われる。第22番の第2楽章も短調だが、大規模な第22番とは違い、物思いに沈んだように静かで短い曲である。

inserted by FC2 system