モーツアルト:ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466

指揮 & ピアノ (弾き振り): ダニエル・バレンボイム Daniel Barenboim
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 Berliner Philharmoniker (第一コンサートマスター:安永 徹  ヴィオラ: 土屋 邦雄

  
ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466 は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが初めて手掛けた短調の協奏曲である。1785年2月10日に完成され、翌日にウィーン市の集会所「メールグルーベ」で行われた予約演奏会で初演された。
1781年、モーツァルトは生まれ故郷ザルツブルクを追い出され、ウィーンでフリーの音楽家として生活することになった。彼にとってここでの生活の糧は、裕福な貴族や社交界を対象にしたコンサートであった。彼は、ピアノの名手ということもあり、18年の間に21曲のピアノ協奏曲を書き上げた。特に、この曲が作曲された1784年から1786年までは、音楽家として作曲・演奏ともに円熟味が増し、またそれらを発表する良い機会も得て順風満帆の時期となった。
モーツァルトは、短調のピアノ協奏曲を2曲(もう1曲は第24番 ハ短調)作曲している。華やかさが求められた当時の協奏曲とはうってかわって、それまでの彼の協奏曲には見られない、激しいパッションの表出的な性格を帯びている。暗く不安げな旋律、劇的な展開、厳しさと激しさの入り混じった感情など、とても強い表現性を持った作品といえる。
次の日に初演を迎えていた前日、まだパート譜の写譜が間に合ってはいなかった。土壇場で完成した曲にもかかわらず、ちょうど演奏会当日にウィーンに訪れた父レオポルト・モーツァルトは、「この協奏曲は堂々としていて、オーケストラも立派に演奏しのけた」とモーツァルトの姉ナンネルに報告している。この曲を境として、モーツァルトらしさが出てきた作品が多くなったといわれている。この作品は、モーツァルトの死後も演奏された数少ない協奏曲の1つである。
第1楽章の365小節目と第3楽章の345小節目にはカデンツァの指定がある。作曲者自身によるカデンツァは残されていないが、若きベートーヴェンやブラームスはこの曲に心酔し、自作のカデンツァを作曲している。とりわけベートーヴェンによるカデンツァは有名で、演奏会や録音で最もよく演奏されている。演奏者自身が作曲したカデンツァを弾くこともある。
シャルル=ヴァランタン・アルカンは全楽章をピアノ独奏用に編曲しており、第1楽章のカデンツァでは本曲と交響曲第41番第1楽章のモティーフが、第3楽章のカデンツァでは本曲の第1・2楽章のモティーフが展開される。
第1楽章 アレグロ ニ短調 4/4拍子、協奏風ソナタ形式
チェロとコントラバスのアウフタクトで音階を上昇する音型と、ヴァイオリンとヴィオラの持続する八分音符と四分音符のシンコペーションによるF,A,D音で印象的に始まる第1主題は16小節目で激しいトゥッティとなる。その後、ヘ長調でオーボエとファゴットの重奏にフルートが答える。77小節目から独自の主題によるピアノのソロが静かに入る。そして、ヘ長調による第2主題がピアノソロから管弦楽へ受け渡され、ピアノ導入部の主題と冒頭の弦の主題とが呼応する展開部を経て再現部に入る。オーボエ、ファゴット、フルートによる副主題はヘ長調のまま、第2主題がニ短調で再現され、カデンツァを経て静かに終結する。
 
第2楽章 ロマンツェ 変ロ長調 2/2拍子、三部形式
この楽章は非常に美しい旋律でよく知られ、ミロス・フォアマン監督製作のモーツァルトを主人公にした映画『アマデウス』ではエンディングに使われたことでも知られている。他の楽章と違ってゆったりとした旋律である(第1楽章の223から225小節にかけてほぼ同じ旋律が登場する)。しかし、中ほどのト短調の中間部の激しいピアノソロが緊張感を与えている。ベートーヴェンがこの曲を好んだのは有名だが、特にこの第2楽章の中間部を研究していたという。父レオポルトは、この楽章を「気高いほど荘重な」と評している。
 
第3楽章 ロンド:アレグロ・アッサイ ニ短調→ニ長調 2/2拍子、ロンドソナタ形式
一転変わって、激しい曲想でピアノの分散和音のソロから始まる。そしてピアノのソロの後は弦楽器でピアノの旋律を一斉に奏し、ロンドソナタ形式で遊び戯れるような無邪気なものであるが、曲が進むにしたがって華やかさも更に増す。そしてカデンツァの後にはニ長調に転じ、壮大に曲が閉じる。尚、この第3楽章はもう一つの未完の草稿が残っている。

inserted by FC2 system