モーツアルト:交響曲 No.40 第1楽章

指揮:フルトヴェングラー Furtwangler
ウィーンフィル Wiener Philarmoniker

交響曲第40番ト短調 K.550は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した交響曲。モーツァルトの全楽曲の中、最も有名なものの1つである。モーツァルトの交響曲のうち短調のものはこの作品を含めてわずか2曲しかなく、その両方がト短調であるため、こちらを「大ト短調」、もう一方の交響曲第25番を「小ト短調」と呼ぶことがある。
1788年7月25日にウィーンで完成された。同年に作曲された交響曲第39番(6月26日)、交響曲第41番(8月10日)とともに「3大交響曲」と呼ばれる。3曲とも作曲の目的や初演の正確な日時は不明であるが、モーツァルトは、この交響曲第40番を除き、これらの曲の演奏を聴かずに世を去ったと推測されている。

交響曲第40番 (モーツァルト)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

inserted by FC2 system