ボッケリーニ:弦楽五重奏曲 ホ長調 から第3楽章 メヌエット Menuet

 

 

弦楽五重奏曲ホ長調G275はルイジ・ボッケリーニの作曲したチェロ2挺編成による弦楽五重奏曲の1つ。1771年に作曲された作品11(13)の5番目。作品11は弦楽五重奏曲中2番目の作品群となる。第3楽章のメヌエットはボッケリーニのメヌエットとして彼の全作品のうち最も有名であるが、作曲時から1世紀後に、突如フランスで有名になったと言われている。(今日ではピアノ曲にも編曲され学習者に愛奏されている)

inserted by FC2 system